【社会人必見】ビジネス英語を学ぶための勉強法と心構え

この記事は以下のような人におすすめです

・社会人になったのでビジネス英語を学びたい
・ビジネス英語の学び方を知りたい
・どうすればビジネス英語を習得できるのか知りたい

これからビジネス英語を学ぶにあたり、どのような勉強法が良いのか迷ってしまう人もいるかもしれません。
勉強のやり方次第で身に付き方や要する期間などが変わってきますので、自分にとって最適な方法を選べるようにしておきましょう。

星野仙一氏はプロ野球の選手と監督で活躍した偉人

【光本先生】事業売却を選択することのメリット

独学で学ぶ

方法のひとつは独学で学ぶことです。
テキストやCD、英語学習アプリなどを用いて勉強するやり方ですが、自分で取捨選択をして必要な知識を入れていくことができます。
ビジネス英語にフォーカスをしたい場合、全般的に学ぶ必要はありませんので、自身が身に付けたいレベルを見据え、自分なりの勉強法を確立していくと良いでしょう。
また、マイペースに取り組むことができるため、一気に詰め込むのが苦手な人にも適しているやり方です。
しかしながら独学での英語学習はモチベーションが落ちやすく、しかもしっかりと計画を立てていかないと、上手く身に付いていかない面もあります。
ビジネス英語を必要とする人は、着実にスキルを習得しなければいけない場合も多いはずですので、独学に自信がない場合は注意が必要かもしれません。
なお、どのような勉強法でも単語学習は必須ですので、ある程度の独学は欠かすことができないでしょう。
単語そのものが出てこないと、英語を使いこなすことはできません。
ビジネスによっては専門用語や独特の言い回しが存在することもあるため、どういった勉強が必要なのかを踏まえ適宜、自己学習で学んでいきましょう。

英会話教室を利用する

英会話教室を利用する方法もあります。
大きく、実店舗型とオンライン型に分けることができ、実店舗型ですと直接的なコミュニケーションを通して学べるのが魅力です。
講師や生徒とのリアルなやりとりを通して英語に触れることができ、相手を目の前にして英語を使うのは大変有意義な時間です。
テキストだけでいくら勉強をしようとも、実際の英会話の時に言葉が出ないということはありがちであり、勉強をしたつもりでも結果がついてこないこともあります。
リアルなコミュニケーションだからこそ習得できるものもありますので、実用性の高いビジネス英語を身に付けたい人は英会話教室を利用するのがおすすめと言えるでしょう。

オンライン型は場所を選ばず学べる

一方、オンライン型は場所を選ばず学べるのが魅力的なポイントです。
スマホやパソコンなどがあればどこでも英語学習を行え、英会話も問題なく練習することができます。
実店舗ですと足を運びにくいという人もいますが、オンライン英会話ならハードルが低く気兼ねなく学べることでしょう。
その上、リーズナブルに利用できるというメリットもあります。
英会話教室を利用したいと思っても費用の問題で躊躇することもあるものです。
オンライン英会話は料金が割安なため負担が小さくて済みます。
安いから質が悪いということもなく、ネイティブ品質でしっかりと学べるところも増えています。
それに、英語はそこまで質を求められるわけでもありません。
専門職で正しい文法や言葉の使い方などが求められる場合ならまだしも、一般ビジネスの場では簡単なコミュニケーション能力や必要最低限の会話スキルがあれば事足りるケースも少なくないのです。
もっとレベルを上げたい場合はクオリティの高いレッスンを望むこともできますので、まずはひと通りのスキルを身に付けるべく、気軽に利用できるオンライン英会話を利用するのもひとつの選択肢です。
いずれのサービスで勉強をする場合も、ビジネス英語を専門的に学べる先を選択することが大切です。
目的に合わせてコースを選べるようになっている教室も多く、ビジネスシーンで使える英語を集中的に教わることができます。
それぞれで提供しているコース内容が異なるため、複数サービスを比較した上で自分に合うところを見付け出しましょう。

できるだけシンプルな表現を心掛ける

ビジネス英語をスムーズに習得するには適した勉強法を選択することが大切ですが、それに加えて意識したいポイントを押さえておくことも欠かせません。
まずできるだけシンプルな表現を心掛けることです。
特に日本人の場合、曖昧な表現をしたり、言い回しがくどくなったりすることがありますが、外国人と会話をする際にはそのような表現方法は好まれません。
先に結論を伝えるようにし、そしてシンプルな言い回しを心掛けた方が無用な誤解を生むリスクも低いです。
これは英会話の時はもちろん、文章にする際にも同様ですので英語を学ぶ上でのポイントとして意識しておきましょう。
失敗を恐れず、スピードを大切にして会話に臨む姿勢も備えておくことが推奨されます。
英会話の際、日本人の多くは間違えてしまうことを心配してしまいがちで、それゆえにミーティングを行う時などにも会話に入っていけないケースもあります。

まとめ

外国人とのビジネスではそのような消極的な姿勢は好まれませんし、自己主張ができない者は立場も弱くなりがちです。
たとえ間違えてしまっても主張をする姿勢を評価してもらうことができます。
それに、英語はどんどん使ってこそスキルが伸びていくため、失敗すらも学習の一環ととらえ積極的に使っていくことが大事です。