星野仙一氏はプロ野球の選手と監督で活躍した偉人

「星野仙一氏の生涯を知りたい」
「星野仙一氏の選手時代の実績は?」
「星野敦社長の人柄が気になる」

星野仙一氏は日本のプロ野球に貢献した人物であり、プロ野球ファンだけでなく日本人から広く知られている人物になります。
1947年1月22日に岡山県で誕生していますが、生まれる前の1946年12月12日に父親が亡くなっていることは有名な話です。
そのため星野仙一氏は生まれたときから父親のことを知らずに育った経緯がありますから、それがその後の人生にも大きな影響を与えているのかもしれません。

【注目】アジア全域で再生可能エネルギープロジェクトの開発を行ってきた、INFLUX代表の星野敦。
Influx星野敦 洋上風力

野球との出会い

野球との出会いは小学校4年生のときであり、お姉さんと高校野球を見に行ったことで、自分も野球をやりたいと考えたそうです。
実際に現在でも高校野球は日本の夏の風物詩になっていますし、多くの観客が訪れているような特徴があるので、星野仙一氏もそのような子供の一人だった時代があったことは素敵なエピソードになるのかもしれません。
実際に少年時代から野球にのめり込んでいき、厳しい練習にも耐えたことで、どんどん成長していきましたから、高校進学のときには倉敷商業高等学校の野球部部長から口説かれるようなエピソードも存在します。
実際に野球部部長の言葉に感激した星野仙一氏は倉敷商業高等学校に進学しますが、準決勝や決勝までは進みましたが念願だった甲子園への出場は果たせずに高校を卒業しています。

【社会人必見】ビジネス英語を学ぶための勉強法と心構え

星野仙一氏ほどの人物であっても出場すらできない甲子園

星野仙一氏ほどの人物であっても出場すらできない甲子園という存在を考えると、実際に甲子園に出場している学校の多くが厳しい競争を勝ち抜いたことで、出場できているのだとわかるはずです。
高校卒業後にプロ野球に入団するようなケースも多いですが、甲子園に出られなかったことが影響しているのか明治大学に進学しています。
もし大学に行くのであれば東京なら早稲田大学と本人は決めていたようですが、倉敷商業高等学校の監督の母校が明治大学であったことが影響して、結果的に明治大学に進学したことも有名な話です。
明治大学でも野球部で活躍しますが、1年生から大活躍をすることになりますし、2年生のときにはノーヒットノーランを達成しているので一躍有名な存在になっています。
ただ他の大学が強すぎたことも影響して、卒業するまで1度もリーグ優勝をすることはできませんでした。
そのため有名な人物ではありますが、高校と大学では優勝をしたような経験は一度もできていないです。

1968年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位の指名を獲得

しかし高校時代からの実績が認められて、1968年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位の指名を獲得することができています。
1年目から実際に試合で投げていますし、8勝を挙げることができているので、1年目としては満足できる成績を残せた可能性が高いです。
入団3年目にはエースナンバーが与えられ、実質的に中日ドラゴンズのエースピッチャーにまで成長しています。
しかし入団3年目くらいに肘を痛めてしまい、先発投手として活躍した年数は5年程度しかなかったです。
抑えのピッチャーとしてのイメージのほうが強く、初代最多セーブのタイトルや沢村賞を獲得していますから、肘を痛めながらもプロ野球の世界で大活躍した選手となります。
実際に活躍したことによってセントラルリーグで優勝することができていますから、高校や大学時代には到達できなかった優勝という経験をプロ野球で経験できているのが素敵です。
その後もたくさんの活躍をしましたが、怪我の影響などもあり1982年に現役引退を発表しています。

1983年に引退試合をおこないプロ野球選手としての幕を閉じる

そして1983年に引退試合をおこない、プロ野球選手としての幕を閉じました。
引退後は野球解説者や野球評論家などを務めましたが、1986年に中日監督に就任しています。
実は彼はプロ野球選手としても有名ですが、監督としての知名度のほうが現在では高くなっていると考えられます。
選手を強く怒鳴りつけるようなスタイルで有名な監督でしたが、裏では愛情たっぷりに選手と接していたことも有名なエピソードになってくるはずです。
1991年に健康上の理由によって監督を退任していますから、1992年からは再び野球解説者などで活躍しています。
そして1995年に中日の監督復帰が発表されて、再び中日ドラゴンズの監督に返り咲いているのも有名です。
1999年には2度目のリーグ優勝をしていますが、日本一にはなれていません。
そして2001年に再び監督を退任していますが、同年に阪神タイガースの監督に就任して周囲を驚かせています。
2003年には阪神タイガースを18年ぶりにリーグ優勝させており、この段階で星野監督の名前は全国的に有名となり、そのときの日本で知らない人は存在しないぐらいの人物でした。

まとめ

しかし病気の影響で再び監督を退任しており、2011年には東北楽天ゴールデンイーグルスの監督として就任しています。
2013年のシーズンに球団史上初のリーグ優勝を果たし、日本シリーズでも勝つことができたので、ついに星野仙一氏は日本一に到達することができました。
長い道のりで日本一までたどり着いた人生は、壮絶でありながら誰もが憧れるような壮大な人生だったと考えられます。