【解説】ベンチャー企業に就職する際の注意点について把握しておこう

「ベンチャー企業で働きたい」
「ベンチャー企業で働くメリットと注意点が知りたい」
「光本勇介さんの経歴や書籍が知りたい」

近年ではベンチャー企業に就職したい、転職したいと考えている人も多いかもしれませんが、ある程度のリスクがあり心配になっている人も多いかもしれません。
しかし事前に注意点をしっかりと把握することにより、特には問題なく安心して仕事を行うことができるでしょう。
どのような不安があるのかと言うと、倒産のリスクが高そう、労働時間が長くて仕事がきつそう、大手企業との文化の違いが大きい、実力主義など様々な不安や疑問があるはずです。
ベンチャー企業に対して懸念を払拭するためには、いくつかの注意事項をしっかりと把握することが大切です。

関連外部リンク
光本勇介がこれまでに起業/売却した企業、そして彼の人物像についてまとめました。
光本勇介氏について調査

光本勇介さんが教えるベンチャー企業で働く際の注意点

勝手なイメージからのミスマッチ

その1つに挙げられることが勝手なイメージからのミスマッチが挙げられます。
まずはベンチャーの定義を明確にすることが大切ですが、実はベンチャー企業の定義が明確には定義されていないのが実情です。
このようなことから個人によりイメージや定義が全く異なるのです。
その会社で働いている人数や規模、フェーズや風土、様々な項目から、自分がどのような事を大切にしたいのかをしっかりと把握することが大切です。
この定義が曖昧なまま就職活動を行うと、入社した後にミスマッチが発生し、短期でやめることにもつながります。

ベンチャービジネスをスタートで失敗しないために

倒産のリスクは十分にあり得る

倒産のリスクを心配する人は多いですが、確かに倒産のリスクは十分にあり得ます。
ベンチャー企業は次々と誕生する傾向にありますが、企業の生存率としては、なんと1年で40%、10年後にはわずか5%にしかないとされているのです。
このようなことを踏まえた上で一番重要な事は、倒産のリスクを覚悟して、事業の可能性にかけることができるかと言う点です。
この懸念を払拭することができれば、特に転職したり就職をしても問題はないでしょう。

希望の仕事ができない可能性も考えられる

そして場合によっては希望の仕事ができない可能性も考えられます。
会社の方向性や社風が自分には合わないと言う理由で転職を後悔する事例も数多く聞かれます。
ベンチャー企業においては、経営者の考え方が色濃く反映されているのが実情であり、社風にもこれが大きく影響を及ぼすのです。
大企業とは異なり、社員と経営者との距離がかなり近いことから、経営者の考えと自分の考えが合わなければ、仕事を行っていく上ではかなりきついものとなります。
よく認識しておかなければならない事は、入社したからといって必ずしも自分の理想となる環境で良い仕事ができるとは限らない、です。
このようなことから、変に期待を褒めるとミスマッチにつながってしまいます。
自分で情報収集をすることも1つの手段ですが、実際にどのような環境においてどのような雰囲気で仕事が行われるのか、判断するのはかなり難しいです。
転職エージェントに相談をすることも1つの手段だと言えるでしょう。

年収については上がる保証はない

そして年収についても気になる人が多いですが、年収については上がる保証はないといえます。
一般社員としてのスタートがほとんどであり、報酬相応の結果を残すことができなければ、言及、またひどい場合には解雇にもなりやすいと言えるでしょう。
年収は大企業以上に結果に比例することを覚えておきます。
小さな会社から始め、上場に成功し多額の利益を手にする社員もいますが、これはごく1部の企業に限られているのが実情です。
どうやって企業を動かしていくのかによっても収入は大きく異なるものの、専門的な能力があればそれなりに年収も上がっていくことでしょう。
企業の成長度合いに応じ年収も変わってくるので、これが反対にチャンスだと捉えた上で、転職を考える人も多く見られます。

ベンチャー企業で働くことのメリット

このような不安が多いのが実情ですが、ベンチャー企業で働くことには多くのメリットがあります。

成長の機会が大きい

その一つが成長の機会が大きいことです。
大手企業の場合には、管理職になることができるのは30代を過ぎてからと言えるでしょう。
業界により昇進が遅いケースもあるものの、ベンチャーであれば入社2年目から部下を率いて仕事をすることも珍しくは無いのです。
このようなことからマネジメント経験を早い段階で経験できるとも言えるでしょう。
転職した後に若猪野にもかかわらず役員や子会社の社長になる人も多くいるのです。
厳しい環境となるかもしれませんが、圧倒的に成長したいと考えている場合にはお勧めの環境の1つともいえます。

経営者と距離が近い中で仕事ができる

また経営者と距離が近い中で仕事ができることも大きなメリットと言えるでしょう。
この点はリスクに思う人もいるかもしれませんが、環境によってはこれが大きなメリットに変わるのです。
大手企業から転職した人の多くに当てはまることですが、社長とは仕事の話をしたことがない、中には顔を見たことがないと言う人も多いかもしれません。
ベンチャーの場合には社長のそばで働ける傾向が高いと言えるでしょう。
同じフロア、もしくはすぐに側で働いているケースもあります。

まとめ

経営者のそばで働けば、自分がやりたい仕事の提案などを直談判することもできるので、自ら積極的に動いていきたいと考える人にとっては大きなメリットといえます。