全保連のサービスの利用方法とメリット

全保連は賃貸物件を利用する際にその賃貸費用を保証してくれると言う便利なサービスを展開しています。
これまで賃貸住宅などを利用する場合には連帯保証人を立てなければならず、また家賃等を滞納した場合には連帯保証人に請求が行くことになるためトラブルを生み出してしまうことも少なくありませんでした。

そのため、連帯保証人を立てることができずに賃貸物件を借りることができないと言うことも多かったのですが、全保連を利用することでこれらの物件をスムーズに借りることができるケースが少なくありません。

 

保証会社をつけることが義務付けられるケースも多い

また最近では連帯保証人のなり手がいないことばかりでなく、様々なトラブルを防ぐために指定の保証会社をつけることが義務付けられるケースも多くなっています。

この保証会社と契約をするためにはこれまでの様々な金融関連のトラブルがないことが前提となっており、クレジットカードの申し込みを行うのと同じような審査が行われるケースが少なくありません。

しかしアパート等を契約したいと希望する人の中には、様々なトラブルを抱えていることも多いため、保証会社では契約をすることができずに賃貸物件を借りることができないと言うケースも多いのです。

全保連ではこのような場合でも厳正な審査を行い、問題がないと判断した場合には契約を行うことが多いため、比較的利用しやすくなっているのも実態です。

 

手続きが簡単で利用できる全保連

そのため、手続きが簡単で利用できるこのサービスを利用するケースも非常に増えています。
一般的にクレジットカードを申し込む場合には、様々な信用調査が行われることが少なくありません。

賃貸住宅を借りる際にも近年では様々な信用調査が行われ、信用情報機関にその情報の紹介を行うことが多くなっています。
信用情報機関ではその人の様々な金融に関する情報が蓄積されており、例えば借金の履歴や滞納の履歴等を長期間管理しているため、過去に金融トラブルなどを発生させた場合にはクレジットカードを作ることができない場合が多いのです。

同様に賃貸住宅を申し込む場合にもこのような金融トラブルを抱えている人に対して物件を賃貸すると、家賃の滞納やその他の問題等を引き起こしてしまう恐れがあり、貸主がトラブルに巻き込まれてしまうばかりでなく、その収入を脅かしてしまうことになるため近年では保証会社を利用しこの信用調査を入居希望者に対して行うことが非常に多くなっているのが実態です。

そのため多くの貸主は保証会社と契約し、この保証会社が入居希望者の様々な金融情報を調査すると言うケースが多くなっています。

 

多くの貸主が保証人を信用しない理由

これは過去に連帯保証人をつけた場合に本人の経済状態を調査する術がないため、実際に入居した後家賃が支払われないと言うトラブルが非常に多かったことから、近年では多くの貸主が保証人を信用しない傾向が強くなっていることによります。

契約書上では連帯保証人を立てれば問題がなく契約を行うことができるようになっており、またこれを拒絶する事は基本的にできないものですが、保証会社を利用する場合にはその調査結果によっては入居拒否することができるようになっているのです。
しかし保証会社によっては非常に厳しい審査を行うケースもあり、通常であれば入居可能な人であっても審査で認められないといった結果を招くことも少なくありません。

そのため非常に厳しい状態となっているのが現実です。
全保連を利用することでこれらのトラブルをなくすことができる可能性があります。

 

適正な審査を行っているのが特徴

全保連は保証会社などに比べて比較的審査が通りやすくなっている傾向もありますが、入居希望者に対して家賃を支払うと言う観点から適正な審査を行っているのが特徴であり、その他の様々な過去の金融事故に関しては参考にはするものの過剰な情報の取り扱いをしない点が高く評価されているのです。

これは積極的に入居希望者を入居させたいと言う思いとともに、貸主に対して経済的負担を軽減させるため適切な支払いを進めるためのルールが確立されていることによります。

そのため、貸主及び入居希望者に対して非常に利用しやすい仕組みとなっているのがポイントです。
万が一家賃が滞納された場合には全保連が借主に代わって貸主に家賃を支払う仕組みとなっており、滞納した家賃は借主に対して請求をすることになっていますが、これはコンビニエンスストア等からでも支払うことができるため非常に支払いやすくなっているのが特徴です。

 

まとめ

一般的な保証会社の場合には様々な滞納料金が発生したり、場合によっては退去を命ぜられるなど非常に厳しいルールが設定されていることも少なくありません。
特に近年では敷金や礼金が設定されていない物件も多いため、この場合には敷金による補填が行われずに、すぐに退去を迫られてしまう場合が多いのです。
このような問題を避けるためにも、非常に効果的なサービスを提供しているものとなっており、様々な面から安心して気軽に利用できるサービスであることが高く評価されています。

全保連 烏川代表より抜粋