HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 屋久島の里風景 >> 真夜中の火柱

真夜中の火柱

写真の無断コピー・転用は固くお断りします。
撮影日:2009年9月11日
撮影データ:NikonD700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED(焦点距離24mm)
ISO200 F8.0 30sec 三脚使用(トリミング)

 安房公園線よりH2Bロケットの打ち上げを観測・撮影。H2Bは純国産の新型ロケット。国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人宇宙船「HTV」を搭載するため、従来のH2Aに使用していたLE-7Aというメーンエンジンを2基同時に燃焼するクラスタ化と呼ばれる技術を導入し、H2Aより積載能力をアップした。従来初号機の打ち上げは空打ちするのが慣例だが、今回はH2Aの成功を踏まえて最初からHTVを搭載しての打ち上げとなった。

 国際宇宙ステーション(ISS)にHTVを連絡するためと思われるが、打ち上げ時間は深夜の午前2時1分。僕は安房公園線にカメラを構えて打ち上げを待った。ほぼ予定どおり、種子島に火柱が立ち、海面が巨大な鏡となってその火柱を黄金色に映し出した。火柱は本当にゆっくりと上昇し、雲間を見え隠れしながらゆるく右へカーブを描き消えて行った。遅れて鈍い発射音がやってき来て、いつまでも辺りの空気をふるわせていた。そして上空には雲間から月が覗いていた。


0写真の無断コピー・転用は固くお断りします。

 屋久島へ来てからロケットの打ち上げを見るのはこれで二回目。昼間の打ち上げに較べ、夜中の打ち上げはロケットの行方が観測し易いと思った。また暗闇を突然明るく照らす巨大な火柱は幻想的と感じた。

屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

   ▲このページの上へトップページへ戻る