HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 屋久島の里風景 >> ホテル屋久島山荘

ホテル屋久島山荘

写真の無断コピー・転用は固くお断りします
撮影日:2008年7月15日
撮影データ:CanonEOS40D+EF-S10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離15mm)
ISO100 F5.6 1/125sec 手持ち撮影

 安房大橋より安房川の唐船淵を望む。唐船淵の名前は、八、九世紀の遣唐使船が嵐をさけてこの淵に避難したことに由来する。橋に掛かる赤い鉄橋は、以前安房吊橋と呼ばれ、車を通すことのできる立派な吊橋だった。そして、橋の傍に建つ建物が「ホテル屋久島山荘」、林芙美子が「浮雲」を執筆する為に滞在した、かつての安房旅館である。

080518_6240.jpg

 ホテル屋久島山荘(旧安房旅館)より、唐船淵を望む。林芙美子もこの景色を眺めながら、浮雲の構想を練ったのであろうか?現在この淵は、リバーカヤックなどで賑わう。

080518_6235.jpg

 ホテル屋久島山荘の敷地内にある案内看板


屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

 

   ▲このページの上へトップページへ戻る