HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 撮影機材 >> エツミ 縦位置L型ブラケット E-6082 改造

エツミ 縦位置L型ブラケット E-6082 改造

写真の無断コピー・転用は固くお断りします

 縦横アングルの切り替え用にエツミの縦位置L型ブラケットをD700に取り付けて使用してみたが、Lの部分が本体から離れているため、やはり多少不安定さが残った。そこでネジ穴を拡張して、Lの側面部分が本体に接するように改造した。


写真の無断コピー・転用は固くお断りします

 D700本体とL金具のスキマはウレタンテープを貼って埋めてある。安定性が格段に向上した。(側面の端子カバーは使わないので、パーマセルの黒で塞いである。こすれて白くなっているが気にしないでください。)


写真の無断コピー・転用は固くお断りします

 また、僕はレリーズモードダイヤルを、主としてS(1コマ撮影)、Lv(ライブビュー撮影)、Mup(ミラーアップ撮影)の3箇所切替えて使うことが多い。D700の弱点としてファインダー視野率が95%と、このクラスのカメラをしては低いため、三脚を使用しての風景撮影では構図確認の為にLv(ライブビュー撮影)を積極的に利用している。しかし、アングルが高いなど、モードダイヤルを軍艦部上面から覗き込めない時は、この切り替えが上手くゆかない。そこで、ダイヤルに印をつけてみた。

   ちょっとしたことだが、現場でとても重宝する。Nikonさんには、手前からでもモードダイヤルの位置が分かる工夫を何か考えて貰えないか?と思っている。




屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

   ▲このページの上へトップページへ戻る