HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 旅行記2005 >> 高塚小屋

高塚小屋

 撮影を終えた僕は高塚小屋に戻って夕食の準備を始めた。

 ザックの荷物スペースの大半を撮影機材に割いたため、他の部分を犠牲にしている。そのため食料は、アルファー米をやめて、生米を2合づつ小分けにして持ってきた(洗わなくていいように無洗米です)。それをコッヘルで炊いて、翌日の行動食用に握り飯を握り、レトルトのカレーを温めて夕食にした。

takatuka01.jpg
高塚小屋内部

 日曜日ということもあり、高塚小屋に泊まるのは僕一人だろうか?と思いながら食事の準備をしていると、福岡から来たという4人パーティーが小屋に到着した。広告の仕事で来たというそのパーティーは、縄文杉の撮影が目的だという、カメラマン、ディレクター、デザイナーなどのチームだった。

 お陰で淋しい夜を過ごすこともなく、お酒を酌み交わしながら小屋泊まりを楽しむことができた。


 ところで、先回来たときはこの上の新高塚小屋に泊まったのだが、非常に寒くてなかなか寝られなかったという思い出がある。そこで、今回はオールシーズンの羽毛シュラフを準備してきた。マットもエアータイプを準備した。お陰で今回はとても快適に寝ることができた。7、8月の屋久島は経験が無いのですが、6月、9月は結構冷えるので、快適に寝るためには、それなりの装備が必要というのが僕の感想です。

   ▲このページの上へトップページへ戻る