HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 旅行記2005 >> 屋久島灯台

屋久島灯台

 松峯大橋のロケハンを終えた僕は、安房のアウトドアショップで携帯ガスカートリッジなどを購入した後、元来た道を戻って永田方面を目指した。

 夕日の撮影に行こうと考えたのだが、西部林道が通行止めになっていて、安房の先は大川の滝の近辺までしか行けないという情報を得ていたので、このままぐるっと島を1周して永田まで抜けられないということが分かっていたからだ。

 途中宮之浦の近辺で食料品や不足の生活雑貨などを買い、更に車を走らせ永田の町を抜けて屋久島灯台まで来た。安房側は曇っていたが、こちら側は綺麗に晴れていた。屋久島では良くこういうことがある。島に滞在している間は主に携帯電話とラジオで天気予報をチェックしていたが、「雨」という予報で宮之浦の近辺がどしゃぶりでも、尾ノ間まで来ると晴れているということが良くあった。何かの時地元の人と立ち話で、「今日の天気はどうでしょう?」と質問すると、「屋久島はわからんよ」とポツリつぶやいたのが印象に残っている。

yakutou_01.jpg
明治30年以来、100年に渡って明かりを灯し続けてきた屋久島灯台
撮影データ:FOS-20D+EFS-10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離17mm)
ISO100 F11 1/100sec  三脚・PLフィルタ使用

yakutou_02.jpg
屋久島灯台から口永良部島を望む
撮影データ:FOS-20D+EFS-10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離22mm)
ISO100 F11 1/200sec  三脚使用

   ▲このページの上へトップページへ戻る