HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 写真展記録2006年8月 >> 08)太鼓岩

08)太鼓岩

ga006.jpg
撮影日:2006年7月16日
撮影データ:CanonEOS20D+EF-S10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離12mm)
ISO100 F8.0 1/15sec 露出補正-2.0 アングルファインダー・三脚使用
出力データ: EPSON PX-5500 PICTORICO HI-GLOSS(A3ノビ)

 白谷雲水峡から入る観光登山者が最終的な目的地とする場所。天気がいいと九州最高峰である宮之浦岳(1936m)をはじめ、奥岳と呼ばれる屋久島の屋根を見ることができる。辻峠を越えて荒川登山口から来るトロッコ軌道に合流し、縄文杉やその先にある宮之浦岳を目指す登山者もいる。

 太鼓岩から朝日に照らされた奥岳を撮ろうと、未だ夜の明けきらぬ午前4時に白谷小屋を出発した僕は、ヘッドランプの糸のように細い光を頼りに闇の登山道を歩いた。屋久島の登山道は雨が多いせいか踏み跡がはっきりせず、都度ピンクテープを確認しながらの歩行なので、太鼓岩にたどり着くのに、いつもの倍の時間が掛かった。僕が到着すると同時に東の方から朝日が奥岳を染め始めた。僕は急いでカメラをセットし、夢中でシャッターを切った。

ga008_1.gif
縄文杉がどこにあるかというと、画像右上の赤い印の場所になる。太鼓岩から確認すると、結構標高もあるし、山深い森の中だということが分かる。

   ▲このページの上へトップページへ戻る