HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 写真展記録2006年8月 >> 07)つぶらな瞳(ヤクザル)安房公園線

07)つぶらな瞳(ヤクザル)安房公園線

07つぶらな瞳(ヤクザル)安房公園線
撮影日:2006年7月19日
撮影データ:
CanonEOS20D+EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM(焦点距離160mm)
ISO800 F5.6 1/100sec  手持ち撮影
出力データ: EPSON PX-5500 PICTORICO HI-GLOSS(A3ノビ)

 2006年7月19日、屋久島を離れる前日。太忠岳からの帰り道に、安房公園線でヤクシマザルの群れに会う。車を止めて撮影機材を出し、ゆっくりと彼らに近づく。しかし、僕が子ザルにレンズを向けると、母ザルは、さっさと子ザルを抱きかかえて向こうに行ってしまう。やはり敏感だ。
ga007_1.jpg 僕は彼らの近くに腰を降ろし、彼らに話しかけながらゆっくりと撮影を続けてみた。1時間くらいそうして撮影をやっていただろうか、そのうち母ザルたちは警戒心を解き、子ザルを自由に遊ばせはじめた。自由になった子ザルはまるで人間の子供と同じだ。おぼつかない足で岩に登って転げ落ちたりしている。
 そのうちの1匹が僕の目の前3mくらいの場所にある岩に登って、じっとこちらを見ている。僕がゆっくりレンズを向けると、子ザルは興味深そうにこちらを覗き込んだ。

 ヤクシマザルのオスには、アタマの毛が左右に分かれる「モモワレ」と呼ばれるわけ目がある。大人になるとはっきりするのだが、子ザルにもその兆候が見てとれる。

   ▲このページの上へトップページへ戻る