HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 写真展記録2006年8月 >> 32)四瀬浜(永田)

32)四瀬浜(永田)

32)四瀬浜(永田)
撮影日:2005年6月10日
撮影データ:CanonEOS20D+EF-S10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離10mm)
ISO100 F11.0 1/125sec  露出補正-0.7 PLフィルター・三脚使用
出力データ: EPSON PX-5500 PICTORICO HI-GLOSS(A3ノビ)

 東シナ海に望む永田の四瀬浜は、花崗岩の砕けた白い砂浜が広がっている。こことお隣のいなか浜は日本有数のアオウミガメの産卵地としても知られる。沖に見えるのは口永良部島。

ga032_1.jpg 産卵に来たウミガメはとてもデリケートで、海岸に明かりが見えると産卵を諦めてそのまま海に帰ってしまう。そのためウミガメの産卵場所であるこれらの浜を守るために、現地のボランティアが心を砕いているが、年々産卵に訪れるウミガメの数は減っているという。観光客のマナーの悪さがその原因の一つだという。

 つけてはいけない明かりをつけてしまう人がいるのだ。

   ▲このページの上へトップページへ戻る