HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 今週の1枚, 屋久島の森風景 >> 手水鉢

手水鉢

写真の無断コピー・転用は固くお断りします
撮影日:2008年11月10日
撮影データ:CanonEOS40D+EF-S10-22mmF3.5-4.5USM(焦点距離16mm)
ISO200 F8.0  10sec 露出補正-0.5 三脚使用

 秋の冷たい雨が激しく降る日、白谷雲水峡へ撮影に行った。三本足杉のところにある渡渉点が増水した所為で、それより先では誰とも会うことはなかった。たった一人で白谷の森を歩きながら、心に留まる風景を見つけては、カメラをセットしてシャッターを切る。目の前では溢れんばかりに水を湛えた渓流がゴーゴーと物凄い音を立てて流れていた。

 音の洪水の中に長く居続けると、だんだ平衡感覚が狂ってゆく。撮影を終えて立ち上がろうとしたら、バランスを崩して膝が砕けてしまった。右手を伸ばして体制を立て直そうとしたとき、それは僕の視界に飛び込んで来た。こんなものが目の前にあったなんて、まったく気づいていなかった。瞬間僕は「手水鉢だ」と、小さく呟いた。

 小さなポットホールの壁面から、噴水のように勢い良く水が吹き出している。それは京都のお寺の庭にある、手水鉢を僕に思い起こさせた。雨で増水した渓流は水を溢れさせ、それを花崗岩の割れ目の中へ染み込ませ、ここから吹き出させているのだろう。自然とは、なんとも粋な細工を、風景の中に施すものだと思う。

 僕はもう一度カメラザックを背中からおろすと、カメラをセットし、ゆっくりとアングルを決めて1カット撮影した。

屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

   ▲このページの上へトップページへ戻る