HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 屋久島の山岳風景 >> 雪の鹿之沢小屋

雪の鹿之沢小屋

photo_mt_080126.jpg


 1月3日、焼野三叉路から永田岳の鞍部まで、たった一人でのラッセルは困難を極めた。幸い天候が回復してきて視界が効いたのでルートを見失うことは無かったが、とにかく雪が深い。ルートの真ん中だとまともに腰まで沈み込む場所があるので、ヤクシマダケとの境を慎重にトレースしてゆく。いつもは20分程度の距離なのに、この日は鞍部まで1時間以上掛かった。

 そこからまた永田岳の登りが大変だった。一歩につき二度三度キックして足場を固めながら高度を稼ぐ。背中に担いだザックが重い。ストックのバスケットを深雪用に交換してあったのが、せめてもの救いだった。

 二時間以上使ってやっと永田岳の肩にたどり着く。西斜面はまだ吹雪いていた。当然トレースは無いしピンクテープも確認できない。このコースは夏場も含めて既に何十回と通ったが、やはり雪が積もると様相が一変してしまう。地形を見ながらルートを外れないよう慎重に下る。

 年始に吹雪の中、永田のピークまで来たが、そこから鹿之沢へ下ることができず、また時間的に新高塚小屋へ戻ることもできず、祠のある岩屋でビバークした、という登山者に会った。ツエルトすら持たなかったため、シュラフとシュラフカバーだけで夜を明かしたらしい。朝起きると装備はバリバリに凍りついていたそうだ。翌日死ぬ思いで新高塚小屋まで返し、動けなくなって一日寝ていたという。

 しかし、吹雪いて雪に埋まった西斜面の登山道は本当にルートが分からなくなる。無理に下らなかったのは、正しい判断だったかもしれない。ま、その前に十分な装備を持たずに永田にアタックした時点で、大きな判断ミスを犯しているのだが。しかし、本当に事故にならなくて良かった。

 ロウソク岩展望台を過ぎていよいよ樹林帯に入る。ロープの箇所、雪面はクラストしてロープそのものは凍りついている。慎重に足場を確保しながら時間を掛けて降りる。樹林帯に入ったら入ったで、今度はまたアセビやシャクナゲが雪で凍りつき、登山道に覆いかぶさっている。どこまで行っても冬の山歩きは体力を使う。最後はヘトヘトになって、斜面を尻セードで下った。

 15:40、なんとか鹿之沢小屋にたどり着く。やれやれとため息をつきながら、小屋の引き戸を開けた。



屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

   ▲このページの上へトップページへ戻る