HOMEHOME
■コンテンツメニュー
屋久島COLORセットA [10]

屋久島COLORセットB [10]

お仕事 [61]

今週の1枚 [116]

写真集撮影秘話 [5]

縄文杉 [12]

ヤクスギ [11]

ヤクシカ [18]

ヤクザル [20]

屋久島の昆虫 [17]

屋久島の海辺生物 [15]

屋久島の野鳥 [14]

屋久島の植物(草本) [29]

屋久島の植物(木本) [14]

屋久島の山岳風景 [33]

屋久島の森風景 [28]

屋久島の海風景 [14]

屋久島の里風景 [16]

屋久島の滝 [2]

未分類 [12]

写真展記録2006年8月 [38]

旅行記2005 [34]

お勧め書籍 [5]

撮影機材 [4]

お知らせ [20]


■作品販売
ポストカード販売
額装作品販売



連絡先
〒390-0841
長野県松本市渚4-4-10
TEL: 090-1866-5712




このサイトのRSSフィード
RSS2.0

HOME >> 今週の1枚, 屋久島の山岳風景 >> 平石岩屋

平石岩屋

0写真の無断コピー・転用は固くお断りします
撮影日:2009年1月15日
撮影データ:NikonD700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED(焦点距離24mm)
ISO200 F8.0  露出補正 -1/2 1/350sec 手持ち撮影

 10日の早朝、白谷雲水峡から入山した。予想していたより雪の降りは激しく、時折雷鳴も轟く。トロッコ軌道には既に30cmの積雪があり、歩行スピードは上がらない。17:00ギリギリに高塚小屋へたどり着く。その後、天候の回復を待って高塚小屋で待機。14日の午後に新高塚小屋へ移動し、15日の早朝から稜線を目指した。

 しかし、高気圧の足が遅く天気は回復せず。雪は深く登山道にはアセビ、ハイノキ、シャクナゲなどが雪を被って頭を垂れ、覆いかぶさっている。場所によってそのスペースは高さ50cmほどしかない。こうなるとザックを担いだままそこを通過することはできず、ザックを降ろして、橇のように滑らし、自分は匍匐前進。そうでなければ、30kgのザックを担いだまま膝を折ってそれらをやり過ごす。絡みつく潅木を力任せに振り切ろうとしても、樹木の枝はしなやかにしなり、余計に体力を消耗するだけ。結局、新高塚小屋から平石岩屋まで7時間も掛かってしまった。

 平石岩屋でこれほどの雪を見たのは初めての経験だった。昨年も厳冬期に何度もここまで来たのだが、今回の雪はそれとは一線を画す。平石岩屋から先、真っ白な雪原にルートは確認できず。記憶を頼りに歩き出したが、途端に吹雪がひどくなり、ホワイトアウト。自分のトレースも見る間に消えてゆく。「ここは進んではダメだ」と思い、踵を返して平石岩屋まで戻った。

 何年かに一度、屋久島の冬山では死亡事故が発生している。今回その理由が良く分かった。屋久島の冬山のコンディションの激変は普通ではない。一つ判断を誤れば、それは「死」に直結するのだ。それを、今回痛いほど感じた。僕はこれ以上進むのを断念した。

屋久島のポストカード販売            屋久島の額装作品販売
オリジナルポストカードの販売           オリジナル額装作品の販売

   ▲このページの上へトップページへ戻る